気分屋ブログ

思いつきで書くこの日記。好きな人は好きかもしれない

一年はなんで365日なのか

こないだと似た疑問ではありますが、一年はなんで365日なのかについて調べました。

それぞれの古代文明において、暦は12か月でおかれていました。
その理由は”月”です。
月は満(み)ちたり欠(か)けたりしながら、30日(にち)ほどでもとにもどります。(正確には29.530589日です。)
この考えはその他の時間を決める際の基準になりました。
日の出から日の入まで(あるいは夜明けから日暮れまで)の12分の1が1時間、日の入りから日の出までの12分の1が1時間とされてきました。
しかし、月の運動を基準とした12か月と、地球が太陽の周りを一周する一年は一致しませんでした。月の朔望(みちかけ)は、おおよそ29日半なので、29日の小の月と30日の大の月を組み合わせた12ヶ月は354日の一年となります。
そこから改訂があり一年は365日と4分の1となりましたが、わずかなずれが累積して、春分の日がどんどん早まってしまい、春分の日を基準に復活祭の日を決めるヨーロッパの教会にとって困ったことになった様です。
16世紀にグリゴレオ暦が発案され、ずれは確実に減っていきました。日本では明治5年に採用されました。今使用されている一年365日はこのグリゴレオ暦になります。
ここで不思議な話を。マヤ文明のピラミッド。
東西南北にある登り階段はそれぞれ91段あり、てっぺんの祭壇にある1段を足すと
91×4+1=365になります。
マヤ暦にはいくつかの種類があり、現在の私たちが使っているものと似た、「365日(ハアブ)暦」があったと言われています。
古代マヤの世界の中では一年365日はすでに周知の事実だったのかもしれませんね。

最後に

これを入れるのを忘れてました。

 こういう話ってカタカナすごい出てきますよね。

グレゴレオだとかハアブだとかね。

もう途中から自分はあまりよく理解できませんでしたが皆さんは、理解できましたか?

>>>>>>

>>a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11034055" target="_blank">にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村