気分屋ブログ

思いつきで書くこの日記。好きな人は好きかもしれない

ネガティブ思考をしないようにするのではなく使いこなすことが大事

日本人の大体はポジティブが大事といっているがそれは間違いだと俺は言っとく。

それはなんでかと聞かれたら、自分はポジティブ思考の人の成れの果てを知っているからだ。

逆に俺はネガティブだからこそ失敗を極力減らすことができたと言える。

それではネガティブ思考のメリットを書こうと思います。

ネガティブなのは自分の弱さを知っているから

なんでネガティブな考えになるの?

それは自分に自信がないから。

やっぱり生きていると普通はミスらないだというミスや、何度も同じことを間違えたりなどいろいろやらかしてしまう。

それが自分はダメだなと思ってしまい、ネガティブになる。

ですが出来ないから努力するんだと俺は思う。

端から何でもできるなら努力なんてする必要ない。

自分はダメだと思うなら、何がダメなのかを考えよう。

俺はいつも自分の何がダメなのかを考えている。

自分のいいところは自然と伸びるが悪いところは工夫が必要。

 

ネガティブな人は辛い現実を受け止められる力のある人だ

 ポジティブに考える人は自分の都合のいいことしか考えてない。

だってそうじゃなきゃ辛いから。

でもネガティブな人は自分の悪いところを考える、それはそういう悪い部分を受け止められる力があるからだ。

本当に弱い人間は自分の悪いところを見ないようにしてしまう。

でもそれができないからポジティブなんだ。

ポジティブな人は何か悪いことが起きるとすぐ人のせいにしたり、責任から逃げたりする。

これが俺の言ったポジティブ思考の人のなれの果てだ。

逆にネガティブな人はこういったことに目を向けられる。

ちゃんと目を向けられる時点で立派だ。

後はどうするかが大事。

 

ネガティブな人は一生懸命やる

ポジティブな人って自分に自信がある人が多いから基本的に怠けがち。

こんなにやらなくても大丈夫だろっていってすぐ楽しようとする。

逆にネガティブな人は、一生懸命頑張らなきゃ周りに実力差をつけられると思って必死にやる。

この差はかなりでかい。

人生何が起こるかわからないし、いつ何も出来ないような精神状態に陥るかなんてわからない。

楽してばかりいるポジティブな人は、たいした積み重ねがない。

逆に必死にやってきたネガティブな人は今までの積み重ねがある。

一度ドロップアウトしても復帰してからのスタート地点にだいぶ差がある。

それに人間的にもやはり差が出る。

辛い現実から目を背けて、楽しむことばかり考えてるポジティブな人は人間的に薄っぺらい。

逆にそれに目を向け積み重ねてきたネガティブな人は、人間的に立派になる可能性が高い。

 以上が俺の思うネガティブ思考の長所でした。

これを見てもポジティブ思考がいいと思いますか?

最後に

上辺の明るい、暗いにばかり目を向けてると大体ろくでもないことばかり。

中学時代の同級生が今すごい荒れてるのも間違いなくなんでもポジティブに考えてたからだと思う。

物事の楽観視はほんとに危険。

かと言って悲観しすぎも注意

物事を正確に視るスキルをつけよう。

まずは考え方から変えていこう。

皆さんの人生に幸あれ

 

>>>>>>a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11034055" target="_blank">にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村