気分屋ブログ

思いつきで書くこの日記。好きな人は好きかもしれない

和牛がミルクボーイに勝てないみたいなブログを見て思ったこと。

2019年のm1グランプリ
初出場にして歴代最高点数を叩きだし、しかも優勝までしたミルクボーイ。
確かに面白かった。
ただ和牛のように皆からの期待が凄かったらまた違ったんじゃないかなと思う。
毎度思うのは、ベテランの人よりも無名の人の方が同じ面白さでも面白いと思われやすい。
なぜなら、はなから面白いとおもわれていないから。
逆に和牛のようにベテランの人ははなからおもしろいんだよな~とかどんなネタやるの?みたいな期待の目が向けられる。
これが一日で試合が決まるm1において何よりのハンデになると考えます。
別にミルクボーイを否定するわけではありませんが、無名のというアドバンテージがあったからというのをお忘れなく。
後和牛のすごさはやはりネタの量。
クオリティーが高く面白い漫才を量産できるところが何よりのすごみです。
ミルクボーイは、個人的に和牛ほど幅は広くないですし、飽きられる可能性が高いです。
一発笑いのパターンがあるひとははいくらでもいます。
ですが、いろんなパターンで笑いをとれる人はめったにいません。
ミルクボーイにいろんなパターンで笑いをとれる実力があるなら今後もすごい活躍するんだろうなと思います。