気分屋ブログ

思いつきで書くこの日記。好きな人は好きかもしれない

トラックバックはしても意味がない(自分はそう思っている)

なんでかについて説明させてもらいます。

ブログ村で昔トラックバックをひたすらしてたんですが全くもってアクセスは増えませんでした。

なぜかと考えました。

それである考えにたどり着きました。

みんなトラックバックすることをしたらそれでおしまいにしてブログに戻るからなんじゃないかと。

ようは人がトラックバックした記事なんていちいち見ていないため、アクセスは増えない。

そう考えたときものすごい納得してしまった。

みんながみんなトラックバックするだけしかしてないとしたら、誰も他の人のブログみにこないじゃんってね。

以上が俺の考えです。

スターをいろんなところにつけに行くのが一番の方法かもです。

 

>>>>>a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11034055" target="_blank">にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

タコは地球外生命体らしい

2018年に多国籍の研究者グループが研究結果を発表したのが話題になったそうです。

ちなみに俺はそんなこと知りませんでした。

だってテレビ見てないもの。

タコが宇宙から来たという証拠は、タコの遺伝子からいっぱい見つかったようです。

正直自分はそんなのどうせデマだと思ってます。

だってね宇宙からどうやってくるんだよって話でしょって。

タコの遺伝子の中に宇宙起源の証拠とされるもの

  • 生物の進化にはウイルス感染が関係している。
  • そのウイルスは、宇宙(地球外)から地球に来たという説がある
  • タコの遺伝子には顕著にそれが表れている。
生物の遺伝子には生物の進化の秘密が隠されているのですが、タコの遺伝子を調べたところ、[1][2]を裏付けるような証拠が数多く発見されたということです。
↑そんなに1と2がそんなに重要なのかいまいち自分は納得できてないため、ほんとに
それで証明になるのかって感じですかね。
我々人間を含め、地球上のすべての生き物が地球の原始スープと呼ばれる化学物質がいっぱいの海か沼か、とにかく地球上の水たまりの中で誕生したのではなく、宇宙からちっちゃな生命の粒としてやって来て、地球上で繁栄したとする宇宙起源説をタコの遺伝子解析が後押しする形になったみたいです。
ちなみにこの多国籍の研究者グループの中には、本連載にも度々名前が出てくる天才天文学者のチャンドラ・ウィクラマシンゲ博士も含まれているようです。
タコの驚くべき特徴
・他の同等の生物に比べて大きな脳と洗練された神経系が存在する。(=脳を9つ持つ)
ピンホールカメラのような仕組みの眼を持つ(焦点が合う、また盲点がない)
・柔軟性の高い身体構造で体の表面の模様を周囲に合わせカモフラージュ(擬態)ができる

幽霊ってほんとにいるのか調べたら出てきた話が変にリアルだった件

この話は俺が実際に作ったわけではありません。

ただ皆さんがどう感じるのかが知りたいので、コピペします。

なんていうか不気味なんでぜひ見ていってください

 

私の住んでいる所はM県の、人口5万人程度の田舎町です。
地元の大型スーパー(名前は伏せます)は2階建てで、屋上は駐車スペースになっています。
よくある作りで1階は食料品、2階は衣料品などが売られていて地元住民はよく利用していました。
もう30年近く営業していると思いますが、そのうち表沙汰になっている飛び降り自殺だけでも3人いました。
2階建てで死ねるものなのか?と疑問に感じますが、下はアスファルトなので屋上のフェンスを乗り越えて飛び降りるとなれば即死…なのかもしれません。
私がそのお店で働き始めて知った事ですが、飛び降りとは関係なく店内には常に幽霊がいるという噂でした。

続きを読む

何もしなかった俺が努力家になった理由。リメイク版です

前に人が嫌いになった理由について書かせてもらいました。
それが努力をするきっかけにも実はなっています。

俺は今でも中学の時の傷が癒えません。
でも周りの人間は、自分が人を傷つけている自覚もなく、悪びれもない感じでいる事に腹が立ってます。

本題に入ります。

勉強が出来なくてバカにされていた。
中学に入り、勉強が今まで以上にわからなくなった。
小学校の時も勉強について行けてない感じだったのに、それがさらに加速した感じだった。
家が貧乏なこともあり、塾にいけなかった。
それもあってまわりにさらに差をつけられた。
中学3年の受験のシーズン、学力のある奴が幅を効かせており、俺みたいなバカはいばしょがなかった。
周りのやつらからは笑い物にされるぐらいの役目しかない、そんな時期だった。
俺は情けなくて家に帰って泣いてた時があった。
本当に悔しかった。

見た目が猿に似てるという理由で笑われていた

俺は当時まわりから猿と呼ばれていた。
まわりはすごいバカにした感じで俺を猿と呼び楽しんでいた。
俺は何度もやめろといったが勉強だけしかしてきてないあいつらには人の気持ちがわからないため通じなかった。
無視してもしつこくいってくるあいつらに嫌気がさした。
絶対俺と同じいろんな人間に笑われる人生にしてやろうと強く思った。

性格が個性的なため担任から差別的発言をされた。

中学2、3年の担任がゴミ教師で、本当にくそだった。
俺は特にそいつに嫌われていて、変わり者だとか言われていた。
少なくてもテスト中にテニスの練習してるバカよりはましだと思うんだが。
そいつはバカだから自分はイケメンだと思ってる(自信ありげにいっていた。ただ身長高いだけのデブの癖に)
他にも俺に変わり者と言ってきたやつもいた。
これがさらに俺を苛立てた。

この3つがきっかけで俺は自分をかえようとおもった。
勉強ではあいつらには勝てない。
でも必ず何かしらで努力してあいつらに勝てる武器を作り、黙らせてやると。
それからいろいろ試行錯誤して、努力してやった。
何度もやめようと思ったが、あいつらが俺をバカにしている姿を想像し、続けた。
全国レベルに通用するを作ることに成功した。
それは後にやめることになってしまったが。
その当時から今まで俺は努力を続けた来た。
周りは高校で遊んでばかりいて、大学から先は、落ちぶれているみたいだ。
見た目からしてバカみたいで俺をよくバカにしてたよなって感じだ。
俺と同じ立場の人は、共に周りを見返してやろう。
周りがぐうの音も出ないぐらいすごくなってやろう。

>>>>>a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11034055" target="_blank">にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

グーグルアドセンス一発で受かりました

多分なんですが1500文字未満の記事を消した効果なのかなと思っています。

1000文字くらいで受かった人もいるみたいですが確実なのは1500でしょう

自分が現に受かりましたし

ただその反動なのかはわかりませんが具合が非常に悪く、かなりだるいです。

正直ブログのやる気がかなり激減しているのが現状といったところでしょうかね。

 

 

>>>>a href="https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11034055" target="_blank">にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

うさぎと亀で俺はうさぎが一生勝てないと思う理由。今後の人生を見直すきっかけになるかも

皆さんはうさぎとかめの話は知っているだろうか。

まあ知らない人はいないとは思うんですが、知らない方もいるかと思って念のため聞いておきました。

あくまで俺の考えですが、ウサギに油断がなければウサギが勝っただろと思う人が大体だと思います。

ですがそれが落とし穴なのです。

それでは俺の理論を書きたいと思います。

ウサギは器用な人間で、亀は不器用な人間と置き換えてみてください。

うさぎは自分の足の早さを信じすぎた

これが大きな理由ですかね。

器用な人間に置き換えてみてください。

自分は出来がいいからといってあまりやらない人いませんか?

皆がみんなとは言いませんが、変に性能のいいものを持ってしまうとどうしても楽してしまう傾向があります。

だから性能が悪い人の方が回りに追い付こうと必死にやる。

これがどんどんさになりますよね。

気がついたときにはこの物語のような結末になってしまうわけです。

油断大敵のいい例ですね。

 

積み重ねたものの違いが出る。

早く先にいけるうさぎと、中々先にいけない亀。

どちらが苦労すると思いますか?

もちろんかめですよね?

簡単に越せないので、色々悩まされます。

でもこれにより考えなきゃいけない場面が出てくるため、その壁を越えた時は、考える力が備わります。

逆に簡単にいけるうさぎは楽してるぶん、何も身に付いていません。

短距離なら兎に死角はないです。

ですが長距離なら?

人生で考えてみればわかります。

10年間何も考えてない人と10年間試行錯誤してきた人で考えたとき、どちらが今後の人生で成功すると思いますか?

俺は当然後者です。

前者は、勢い任せでやるしか道がないので可能性は低いです。

だから昔落ちこぼれの人が昔の優等生を負かしたりすることがあるわけです。

 

うさぎみたいな人は挫折に弱い。

今まで楽してたぶん、どこかでその皺寄せが来ます。

得意の足の早さも、走っているうちに遅くなっていきます。

そして一度立ち止まってしまうと、もういいやと思う傾向にあります。

これがうさぎが寝てしまうシーンですね。

早くいくひとは楽してる人が多いため、楽することが身に付いています。

なので何かあるとすぐ楽しようとします。

なので何回やってもうさぎは楽することから逃れられません。

長年の積み重ねが悪い意味で出た一例ですかね。

 

気持ちが違う。

うさぎのようなタイプは何事もそつなくこなせる傾向があるので、あっさりとやめてしまいます。

逆に亀のように苦労した人は、簡単に諦めません。

それはそこまで行く過程で苦労してきているから。

楽したらそのぶんその物事に思い入れはない。

ですが苦労すればするほどその物事に対して思い入れがあります。

絶対諦めないと思っている人と別にどうでもいいと思っている人ではその後の成長に差がでます。

どんなに延びる速度が早くても諦めてしまえば伸びません。

しかもその性能に甘えているようでは時間が経つにつれ、まわりに抜かれていくでしょう。

 

以上の理由からうさぎは亀に勝てません。

今の日本にもこの話は役に立つと思います。

多数派に常に属して、少数派をバカにする人。

ありのままの自分でいたいから少数派に属する人。

この構図を表した話とも捉えられるのかなと思います。

要は楽を取るのか苦労しても自分を貫くかということが言いたいです。

 

 

 

年寄りが頑固になる理由を調べたら勉強になった。

前にかいた記事(グーグルアドセンスの件で消してしまってるかもしれない)で年寄りの事について書かせてもらいました。 今回は年寄りが頑固になる理由を書きたいと思います。

年寄りが頑固になる理由ですが、それは前頭葉の働きが弱くなるのが原因のようです。

ちなみに前頭葉は、思考や意欲、感情、性格、理性などを司るようです。

この前頭葉が老化すると次の事が起こるようです。

意欲の低下、感情抑制の昨日の低下、性格の先端化、判断力の低下が現れるみたいです。

この中で頑固に当てはまるのは、性格の先端化ですね。

具体的な例を表すならイケメン好きの女性が余計イケメン好きになる。

女好きの男性がより女好きになる。

などが一例ですかね。

それに加え、前頭葉が老化していると脳事態も老化しているので耳も悪くなるそう。

俺はその記事を見て、こうなりたくないなと思いました。

なので前頭葉を鍛える方法を調べました。

1 はや歩きとゆっくり歩きを交互にする

 

2 利き手じゃない方を使う

 

3 家事に力をいれる

 

4 減塩和食で、適度な肉、乳製品

 

 

5 座禅をしてゆっくりと呼吸する

 

 

6行き当たりばったりで旅行する←あまりおすすめしない

 

 

7本を読んだら感想をいいあう

 

 

8パートナーのいいところを探す。

 

9音楽をじっくり聴く

 

10 日記やブログをつける。

 

この10が大事なようです。

後は新しいことをすること、楽しむことも重要なようです。

10はみなさんやってますね。

後9つの中から何か選ぶとよりいいですね