気分屋ブログ

思いつきで書くこの日記。好きな人は好きかもしれない

新しいグループつくってみた。読者増やしたい人募集

読者登録相互新章

なんかこういうの一度でいいから作ってみたかったんでつい。

興味のある人は入ってくださいね。

登録者が少ない方も全然参加していただいておkなので、気にしなくて大丈夫ですよ。

もちろん多い方もウェルカムです。

互いに気持ちを高めあって切磋琢磨していきましょう

グループのアイコンピコ太郎なのは、子供心だといわせてください(笑)

追記

読者登録してくれた方のみ読者登録返します。

たまに入る人がいるので上に表示しときます。

気楽にいきましょう 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

読者登録されてない人にスターを押したいときに活用できるグループ

どうも~メドです。

皆さんは読者登録を増やすためにスター押しをしますよね?

でもどうしてもぶち当たる壁があります。

それは登録者が増えるごとに、登録者じゃない人が少なくなってくることです。

だからスターを押すにも読者さんのみで、広がりがなくなってしまうみたいなことになります。

もちろん読者さんにスターを押すことを反対しているわけではなく、幅広い人に押していった方が読者登録が増えるのでそう書きました。

下2つのグループは3万近くのグループなので、ここでスター押しして千人目指していきましょう。

hatenablog.com

hatenablog.com

がんで人生を諦めかけた人が衝撃の方法でがんを治してしまった話。いろんな人にぜひ見てもらいたい感動の話

どうも~メドです。

これは実際にあった話で、世界仰天ニュースの放送を見て知りました。

自分が小さいころの時に見た話なので、細かいところまで覚えてないですが大まかなことは覚えているので、書いていきたいと思います。

 

とある国の女性はがんにかかりました。

それもかなり症状はひどく、抗がん剤治療の効果もあまりありませんでした。

どんどんと抜けていく髪、やつれていく顔。

女性は精神的に追い詰められていきました。

そんな日々が続いたある日、医師から告げられたのは・・・・・・

 

 

 

 

 

 

「余命が後1か月あるかどうかです」

女性は、ショックを受けました。

今まで辛い抗がん剤治療を受けて来たのに、もう少しで死ぬことになるなんてと。

ここで女性は、普通の人ならまず考えないであろう方法で助かります。

それはというと

 

 

 

 

 

 

 

抗がん剤治療をやめて、残りの人生を全力で楽しもう」

これがまさか後に奇跡を起こすとは女性が知る由もなかったでしょう。

そして彼女は、きれいな景色を見たり、今までやってこなかったことをとにかくやりました。

それを続けているうちに、笑顔が増えていきました。

そんな楽しい日々が続き、1か月後

医師の人は驚きました。

「がんが治ってる!!」

女性は、驚いたような表情を見せた後、大いに喜びました。

がんが治り、女性は退院したのです。

これを最近思い出して自分は思いました。

「心から何かを楽しむことが幸せの近道なんじゃないかと」

人間はどうしてもしなければいけないの中で生きていて、それが当たり前になって、気が付けば心から楽しむことを忘れている。

だからいろんな犯罪やトラブルが起こる。

だったらもうこの女性みたいに、人生楽しむことに全力を尽くしましょう。

がんが治るなら、うつ病とかコロナだってふきとばしてしまうんじゃないですかね。

普通のことも天才の名言ぽくいえばかっこよくなる気がする。

どうも~メドです。

今回はただのおふざけ記事でございます。

なんとなくくだらないことをかっこよくしたら面白いんじゃないかと思い、書いてみることにしました。

それでは行ってみよう。

 

道端で石を見つけたときに使える名言

この石と俺は運命で結ばれている

隕石が起こる前に拾え。きっとその石が救ってくれる

 

人の物を持って帰ってしまって、文句言われた時に使える名言。

人の物をさりげなく持って帰るのも一つの才能さ

こういうことしてる時が一番輝いてる気がする

 

トイレに行くと悟られないようにする時に使える名言

最近神の予言が聞こえるんだ。従わなければ

身体が分離を起こしている。俺にだけはわかるんだ、これが俺の使命だ。

 

最後に。読者登録が増えなかったときに使える名言

俺のブログに嫉妬したんだろう。まあいい寛大な俺は、5分だけ猶予をやる。

いつも投稿してきた。どんな時もな。皆多分砂場で遊んでたら、読者登録するの忘れていただけさ。

今日はパソコンが疲労困憊なんだ。しょうがないからレモン汁でもかけるか

 

一言

くだらないことかいてすいませんでした。

読者登録相互新章110人突破しました。

hatenablog.com

このピコ太郎なんかい見てもウケるんだが。

どうも~メドです。

110人達成したので書きます。

毎日読者登録と同じくらい増えないかなと楽しみにしているこのグループもっ少しずつですが増えてきています。

もっといろんな人に活用してほしいです。

読者登録されたら基本的に返してくださいね。

 

補足

この記事あと少しで合計スター200になりそうなのでよかったら押してやってください

www.ayu7777.com

最近のコンビニ店員って客を何だと思ってるんだ?

どうも~メドです。

物凄い不快に思った出来事があったので書こうと思います。

深夜のコンビニに行った時の話。

そのコンビニは普段は行かないコンビニなんです。

なんでかというと30~40ぐらいのおじさんで如何にもめんどくさそうというか不貞腐れた態度で接客する奴がいて、商品を買ったときに値段を言わないで(わざと)をしたり、おつりを渡すときも「やっとひと仕事終えたわ」みたいな感じが出ている(要は仕事めんどくさいからぱっぱと終わらしちゃ感がすごい)

今回はそれの強化版がいました。

ホントごみ。

袋入れますかとかありがとうございましたを物凄い小声でささやくような感じに言う。

如何にもめんどくさそう。

ため息つく寸前の感じで、しかも睨んできましたからね?

店員が客睨むってどういうこと?

10年前にそんな接客してる人見たことない。

腹が立ったから睨み返してやりました。

お釣りの時も、なんて言ってるかわからなかった。

ほんとさよくそんな仕事なめ腐ってるやつ採用するよな。

親にやらされてるのかなんなのか知らないけど、ちゃんと接客できないならやめちまえってホント思うんですよ。

後腹立つのが「ありがとーございまーす」

って如何にも適当というかなんかやる気のなさそうな言い方。

普通に言えばよくないか?

最近の女性の如何にも仕事やる気ないですを表したありがとーございまーすがまた腹立たしい。

この先日本はどうなるんですかね。

仕事中にスマホばかりやってる大人が急増してて、もう絶望しかないよ。

オンラインゲームとかで「社長にばれないようにログインしてます」なんて言ってる人いるけど、よくもまあそんな馬鹿な事してるなって思いますよ。

不安にならないんだろうかほんとに

アドセンスに一発合格して調子乗った人が現実を知る瞬間

どうも~メドです。

Googleアドセンスというものをはてなブログをしているものなら知らない人はいないはず。

そして何度も落ちている人がいて、難易度が高めだということも同時に知っていると思います。

それにわたしくメドは一応一発合格しています。

自慢ではないですよ・・・・・・

人生あまりついてないほうだった自分は、正直このアドセンスを受かったとき、自分は実は選ばれた人間なんじゃないか?

みたいな幻想を少なからず抱いていました。

もうこれは一流ブロガーとして稼ぐ道しかないな!

そんなことを当時は思っていました。

ですがここで最大の壁と衝突します。

 

 

 

 

 

誰も広告クリックしてくれんやんけ😿

 

アドセンス受かってない人たちで、アドセンス受かって稼ぐぞっていう人には悪いがマジでクリックしてくれないよ。

基本的に0円だよ一日。

俺のブログがまあそんなにためにならない記事が多いというのもあるが、まあこれで稼げる人は友達に押してもらってる。

最低10人~20人友達がいて、毎日広告1回押してくれと頼めば、日給1000円くらいは行くんじゃないかな?

もしくは芸能人、ユーチューバーなどの知名度のある人じゃないとまずムリゲー。

登録者が増えたところで収益には影響ないからね。

そもそもはてなぶろぐやってる友達10人以上つくるのがかなり鬼畜。

人見知りのメドにはかなり難易度高いです。

社交的な人はそういう点ではかなり得。

ただもっと別のことで稼いだ方が身のため。

はてなブログは、読者さんが(できればボケをいれてくれればさらに良し)コメントをくれたらいいなぐらいの気持ちでやらんとやってらんないよ。

はてなぶろぐは稼げないからといってブログを削除しちゃうのはもったいない。

今までの自分の努力を捨ててしまったら、過去の自分全否定だからね。

そうはいっても正直ブログ削除しようかなと思ったことは何度もある。

だってマジで書いてる理由とかなくなってくるし。

でもなんか元々書くのが好きなのもあるけど、登録者0の期間が3か月くらいあったのもあって、今の周りの人がスターを押してくれたり、コメントくれたりするのがあるから続けてこれた気がする。

ほんとにいつもスター押しに来てくれてる人ありがとうございます。